福岡 ヤミ金被害

福岡でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

福岡でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、福岡でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

福岡でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

福岡でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・福岡対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として福岡でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ福岡でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

福岡市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

福岡市を含めた福岡県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

北九州市、福岡市、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡、糟屋郡、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡、朝倉郡、三井郡、三潴郡、八女郡、田川郡、京都郡、築上郡

 

 

債務整理コラム

昔の話ですが、多重債務の状態に陥り、数百万円の借金を負ってしまいました。

借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

ややあって、今の会社で採用してもらえましたが、毎月の収入に返済が追い付かず、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

債務整理を行うデメリットもあります。

代表的なものは、ブラックになってしまうという点でしょう。

その影響として、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、どのような方法で債務整理を行ったかでブラックリストに載っている期間が5年から10年の間で差があるため、一概には言えません。

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

簡単に説明すると、過払い金は返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

最近まで貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、融資を受けた人は高い利息をつけて返済していました。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

過払い金を返還請求すれば、借金の返済資金に使うことができます。


弁護士なら債務整理は可能ですが、中には引き受けてもらえないといった例がないわけではありません。

債務整理の処理実績がない弁護士や司法書士もいますし、自己破産で資産の隠匿を相談したり、借金の発端が遊興費であったりと免責不許可事由になりそうな時も断られやすいです。

断られた理由が経験の有無であれば、最近増えている債務整理に特化した司法書士や弁護士を見つければ、すんなり引き受けてもらえるでしょう。

昔は電話帳や看板を頼りに探したそうですが、今はウェブでも手軽に見つけることが可能です。

借入先や回収業者からの取立てや催促に困っている時に種類はどうあれ債務整理を開始すると、それらの借入先に対して司法書士や弁護士から介入通知が送られ、受領日以降はそのような行為はなくなります。

しかし仮にその期間中、連絡や督促を受けたら、手続き中の法務事務所等にただちに連絡するべきです。

禁止されているのにわざわざ相手をする理由はないわけですし、何かしようと思ってはいけません。

取扱実績は最近では減っているものの、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

簡単にいうと、返済中の借入先に対し過払い金が生じている時に選択できる手法です。

それと、過払い金部分についてですが、過払い金の請求は特定調停ではできませんから、あとから請求を行います。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、すべての債務を返済しおわってからとなります。


借金のある身で債務整理を行っている状況下で離婚が成立する場合、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活のために生じたものならば財産として分与されることになります。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、負債のようなマイナスの資産も共同の財産であるからです。

なお、夫か妻が婚姻前から持っていた借金や、婚姻中の借金でもギャンブルなどで作られた個人的なものだったならば分与される財産とはなりません。

信用情報機関に記録された利用者の事故情報(いわゆるブラックリスト)の中の債務整理の情報はいつになったら消えるのかというと、どうやって債務整理をしたかで異なります。

任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったならざっと完済から5年後までを目安とすればいいでしょう。

ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてから約7年だと思えばいいでしょう。

けれども、目安としか言えないので、自分の信用情報がどうなっているのか信用情報機関の情報開示を利用して見てみるのが何より明らかです。

家族に隠して債務整理をしようとすると難易度は方法次第です。

任意整理に限っては全ての手続きを自分でどうにかしようとしなければ家族に悟られるという可能性は極めて低いです。

ですが、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、そのうちばれてしまう可能性が高いです。

勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと秘密にしておく事ができます。

トップへ戻る