福岡 ヤミ金被害

福岡でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

福岡でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、福岡でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

福岡でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

福岡でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・福岡対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として福岡でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ福岡でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

福岡市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

福岡市を含めた福岡県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

北九州市、福岡市、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡、糟屋郡、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡、朝倉郡、三井郡、三潴郡、八女郡、田川郡、京都郡、築上郡

 

 

債務整理コラム

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いとして処理されます。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生を行って、5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。

ですが、売掛金として100万円がある場合は、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、合計220万円の債務となります。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

当然ですが、債務整理の中でも行った債務整理が違えば完了までに必要な期間にも差があります。

とはいえ、どのやり方でも短くとも3か月の期間は必要になります。

もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になることもあります。

仮に独り身の時に債務整理を経験し、現在もブラックリストから外れていない人は、籍を入れて苗字が変わっても金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。

ローンなどの審査をする時、金融機関は苗字や名前、生年月日といった、いくつかの個人情報を集めてブラックリストを確認します。

一般的に名寄せと言われる方法ですね。

なので、配偶者の苗字になったところで独身時代からのブラックが続くことになります。


和解後も借金が残る任意整理の場合は、委任から和解までの数カ月ほどは依頼した弁護士事務所の口座などに積立金をするといったケースがあります。

その主目的は弁護士への支払いのためです。

つまり、対象となる債権者あての債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、減額交渉の折り合いがついた際に成功報酬として弁護士や司法書士に支払うのです。

自己破産と違い、任意整理を行った場合は債務が残り返済義務があります。

弁護士費用をかけて債務整理したけれど、期待したより債務が減らなかったといったパターンもあるようです。

債務整理という手段を選択するなら、あとあと悔やまないようよく考えなければいけません。

無償でこのような内容の相談に乗ってくれる法務事務所や弁護士なども最近は多いですし、プロの意見を聞きながら対策を立てるというのも手です。

債務整理をすればその種類は問わず、信用機関にその情報が記録されます。

ですから新たなローンの申し込みは受け付けてもらえませんし、すでにクレジットカード等を持っている場合も、利用停止になっているでしょう。

つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを作成することもできないでしょう。

ただ、現在返済中の債務については、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いそのものは継続します。


弁護士か司法書士かを問わず、債務整理依頼を担当する場合は前もって担当者が自分自身で必ず債務者と面談を個別に行うこととして、日弁連が債務整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を打ち立てています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、対面での面談なしに弁護士や司法書士が依頼を受けたなら、この面談義務に背いている訳です。

新規で賃貸の物件を契約しようという時に、債務整理をしているからと言って審査に余波が及ぶことはありません。

なぜなら、金融会社が参照することのできる信用情報機関が持つ事故情報というのは、不動産会社がその情報にアクセスすることはないからです。

したがって、転居を考えた時に債務整理の経験を気にする必要はないでしょう。

ところが、自己破産では、申立をしてから免責が下りるまでは裁判所が許可した場合のみしか引っ越しができないため心しておきましょう。

借金の元がパチンコや競馬などギャンブルである時も債務整理をしてもかまいません。

そうは言っても、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務から逃れることはできない方法に限定されます。

借金を全てなくせる自己破産にしても借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由に当てはまってしまい、裁判所で破産申立をしようがあまり免責は期待できません。

トップへ戻る