神戸 ヤミ金被害

神戸でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

神戸でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、神戸でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

神戸でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

神戸でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・神戸対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として神戸でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ神戸でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

神戸市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

神戸市を含めた兵庫県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、伊丹市、相生市、豊岡市、加古川市、赤穂市、西脇市、宝塚市、三木市、高砂市、川西市、小野市、三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波市、南あわじ市、朝来市、淡路市、宍粟市、加東市、たつの市、川辺郡、多可郡、加古郡、神崎郡、揖保郡、赤穂郡、佐用郡、美方郡

 

 

債務整理コラム

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金化されていない売掛金があると、それも財産の中に入ります。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生で5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。

とはいえ、もし売掛金として100万円がでてきたら、100万円の5分の1の20万円を加算した220万円の債務になります。

増えすぎた借金を債務整理で何とかしようとする前に、複数の借金をおまとめローンで一本化できないか確認してみてください。

そもそもの債務額は変わらないとはいえ、高額借入として扱われるため、利息負担を軽くすることができるでしょう。

面倒だった返済管理も簡単になるので、ひとつひとつの会社の返済日をチェックするようなことは、しなくてもよくなります。

まずは債務を一本化して、それでも返済が難しくなった時に実際に債務整理に着手するのもおススメです。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせたら、今後もお金を借りられるかどうかは、とても気になる問題です。

やはり、しばらくの期間はキャッシングサービスなどを利用することは諦めなければなりません。

債務整理を行ったことは金融事故として短くとも5年はブラックリストに情報が載ってしまうので、ブラック状態の間は、例えばETCカードを買うことも難しくなるでしょう。


和解後も借金が残る任意整理の場合は、委任から和解までの数カ月ほどは依頼した弁護士事務所の口座などに積立金をするといったケースがあります。

その主目的は弁護士への支払いのためです。

つまり、対象となる債権者あての債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、減額交渉の折り合いがついた際に成功報酬として弁護士や司法書士に支払うのです。

自己破産と違い、任意整理を行った場合は債務が残り返済義務があります。

弁護士費用をかけて債務整理したけれど、期待したより債務が減らなかったといったパターンもあるようです。

債務整理という手段を選択するなら、あとあと悔やまないようよく考えなければいけません。

無償でこのような内容の相談に乗ってくれる法務事務所や弁護士なども最近は多いですし、プロの意見を聞きながら対策を立てるというのも手です。

債務整理をすればその種類は問わず、信用機関にその情報が記録されます。

ですから新たなローンの申し込みは受け付けてもらえませんし、すでにクレジットカード等を持っている場合も、利用停止になっているでしょう。

つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを作成することもできないでしょう。

ただ、現在返済中の債務については、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いそのものは継続します。


現時点では貸金業法によって、貸付は年収の三分の一までとするという総量規制が存在します。

と言っても、総量規制が取り決められる以前に三分の一を上回る借金を抱えた人もいるはずです。

あとは、銀行からの借入は貸金業とは異なり総量規制に引っ掛からないことで、いつの間にやら年収以上にまで借金が膨れ上がっていることも多々あります。

そのような場合はとても辛い返済になりますので、債務整理を勘案するべきです。

大抵は個人単位で債務整理を行うので、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

ところが、実は例外もあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

それから、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると審査に通らないこともありえます。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを超える利率での貸付が珍しくありませんでした。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現代では利息制限法の上限を上回る金利は法に背いていることになります。

よって、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。

これを過払い金請求と言います。

トップへ戻る