新潟 ヤミ金被害

新潟でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

新潟でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、新潟でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

新潟でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

新潟でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・新潟対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として新潟でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ新潟でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

新潟市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

新潟市を含めた新潟県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

新潟市、長岡市、三条市、柏崎市、新発田市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、村上市、燕市、糸魚川市、妙高市、五泉市、上越市、阿賀野市、佐渡市、魚沼市、南魚沼市、胎内市、北蒲原郡、西蒲原郡、南蒲原郡、東蒲原郡、三島郡、南魚沼郡、中魚沼郡、刈羽郡、岩船郡、岩船郡

 

 

債務整理コラム

債務整理の際の注意点ですが、個人事業主が個人再生をした場合は、売掛金が残っていると、財産として扱われます。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生を行うと、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

しかし、もし売掛金として100万円がでてきたら、この売掛金の5分の1が返済額にプラスされるので、合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

もし、債務整理を行っても、債務者以外の家族に問題が生じる可能性は低いです。

家族名義の財産が没収されたり、金融機関でローン審査をパスできなくなるようなことはありません。

ですが、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、家族が苦しい思いをすることになります。

簡単な手続きでお金を融資してくれるキャッシングはとても便利なものですが、借り過ぎに注意してください。

安易に使い過ぎて債務額が増えると、返済に追われ、日常生活を送るのも難しくなります。

返済が不可能になった時に有効な手段が債務整理です。

債務整理には個人再生や任意整理、自己破産などの種類がありますが、状況に応じて上手く選択すれば、毎月の返済の借金の負担が軽減し、返済を楽にできます。


借金の滞納で金融機関や回収業者から裁判を起こされたあとであろうと、本人が希望するなら債務整理は可能です。

もっとも出来ることといえば裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、ともすれば手続き開始と同時に訴訟が取り下げになる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。

それから減額の交渉をして和解成立となれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、あとは和解の内容に従った返済を行うだけです。

延滞を繰り返すと債権者から督促を受けるようになりますが、そこで借金の額を減らす「債務整理」を行えば、弁護士等から借入先あてに「債務整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、そのような行為はなくなります。

それ以降に連絡や催促などがあれば、手続き中の法務事務所等にただちに連絡するべきです。

依頼者本人が債権者の相手をする必然性はありませんし、手続きが終わるまでは相手をするべきではないのです。

個人再生や自己破産、任意整理といった債務整理の手続きは、やろうと思えば債務者本人でも可能ですが、どの弁護士に聞いても無理だと答えるはずです。

債権者との交渉が主体となる任意整理では、債務者本人が言う話というのは弁護士のような客観性に欠けますし、返済額が激減する個人再生を行う際は申立書はもちろん再生計画案などの書類作成から計算までを一人でやるわけです。

また、自己破産は免責決定を受けなければ意味がないのですが、素人の作成した書類がはたして通るでしょうか。

債務整理というのは結局のところ、弁護士などの専門家を頼るのがもっとも確実です。


現時点では貸金業法によって、貸付は年収の三分の一までとするという総量規制が存在します。

ですが、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。

そして、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、知らず知らずのうちに年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合もたくさんあります。

そのような状況ですと返済するのも甘くないでしょうから、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。

債務整理の方法に任意整理を選んだ場合は、延滞金や将来利息をつけない返済にしてもらう事ができるでしょう。

けれども、元金カットも要望する時は、非常に大変です。

担当の弁護士や司法書士がうまく交渉を運べば万一減額の可能性もあるでしょうが、元金の減額を承諾してしまうと明らかに債権者にとっては損になりますから、なかなか聞き入れないでしょう。

既にある利息とこの先発生する利息がカットされて返済額を元金だけにする方法が、任意整理という債務整理の方法の一種です。

債権者と協議した結果、着地点が見つかれば、支払総額から利息分が差し引かれることで、各月の返済額を減ずることができます。

元金も減らされないと返済は無理だという時は、個人再生という他の債務整理の方法による手続きを選択するといいでしょう。

トップへ戻る