大宮 ヤミ金被害

大宮でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

大宮でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、大宮でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

大宮でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

大宮でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・大宮対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として大宮でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ大宮でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

大宮以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

大宮を含めた埼玉県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

大宮市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、北足立郡、入間郡、比企郡、秩父郡、児玉郡、大里郡、南埼玉郡、北葛飾郡

 

 

債務整理コラム

借金がかさんで債務整理をすると、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。

記録が消えるまでは、JICCでは、ほとんどの債務整理において約5年間は保存されます。

CICでは債務整理の方法によって期間が変わり、自己破産ならば約5年、その他の債務整理の場合は登録自体がされないようになっています。

ブラックになっている期間中は、借り入れできなくなる可能性が高いです。

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で本人以外の身内が不利益を被る可能性は低いです。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、ローンが組めなくなったりすることは、まずないでしょう。

とはいえ、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、家族が苦しい思いをすることになります。

複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、「おまとめローン」などで借金の一本化を図ってみてはいかがでしょうか?借金の額は減らないとはいえ、高額で、ひとつの借入になりますから、利子を減らすことも可能でしょう。

煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。

おまとめローンが組めなくなってから実際に債務整理に着手するのも悪い方法ではありません。


よくあることですが、任意整理の際は手続き開始から債権者と和解に至るまで、司法書士や弁護士事務所などに毎月お金を積み立てるというケースがあります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると債権回収業者や金融機関への債務の返済が一時停止の状態になるので、返済に回すべきお金で積立をしておいて、一連の債務整理が終了したあとに弁護士報酬に充当するのです。

これまで見慣れてきた債権者からの封書が、見知らぬ会社名義に気がついたら変わっていて驚いたという声は意外と多いものです。

つまり、サービサーなどに債権を譲ったということで、回収業務は新しい債権者が行うことになります。

ここからでも債務整理すること自体は無駄ではありません。

ただ、対象が以前の債権者から次の債権者に移るという違いがあります。

弁護士が受任通知を送付すると、新しい債権者による連絡や督促、取り立てといった行為は一時停止の状態になるのは債権者が変わろうと変わりありません。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、債務が免責となる自己破産とは異なり、返済すべき債務が残っています。

しかしここで返済を怠ると、再生計画取消しの申立が出されたり、和解破棄ということになって、その間に発生した遅延賠償も合わせ、全額の一括返済を要求されるでしょう。

実際は一回程度の遅れでは大丈夫かもしれませんが、和解や再生計画の内容は守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。


家族に知られずに債務整理ができるかどうかというとその方法次第で難易度には差があります。

もし任意整理ならその手続きを全て自分でやろうとさえしなかったら家族に勘付かれることはごく稀です。

ですが、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、ばれるのを覚悟した方がいいです。

一方、職場には、債務整理の方法が何であっても内密にできます。

過去に債務整理を行っている人が、 さらに債務整理をしたい場合、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

債務整理が個人再生あるいは自己破産によって行われた人であれば、次の債務整理は7年以上経ってからでないとできません。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても認めてもらうのが難しいですし、特に二回目に行う自己破産は極めてハードだと言っていいでしょう。

いろいろな債務整理の方法の中でも、他とは異なり自己破産は完全に借金をなくせるという強力さを持った方法です。

とは言え、申立をすれば皆が皆できるものではなく、絶対に裁判所に免責許可を出してもらう必要があります。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、当人の財産状況によって差があります。

無い場合は決定されるまで約3ヶ月といったところですが、財産が有ればそれを債権者に分配することになるので、管財事件となり、場合によっては1年もかかります。

トップへ戻る