大阪 ヤミ金被害

大阪でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

大阪でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、大阪でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

大阪でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

大阪でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・大阪対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として大阪でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ大阪でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

大阪市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

大阪市を含めた大阪府全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市、三島郡、豊能郡、泉北郡、泉南郡、南河内郡

 

 

債務整理コラム

注意してほしいのは、債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、一定期間、金融サービスの審査で落とされてしまうでしょう。

債務整理をするとブラックリストに名前が載ってしまいますから、数年間はクレジットカードの利用停止が解除されませんし、金融機関のローンを組んだり、大手消費者金融を利用するなどの行為が不可能になるため、覚えておいてください。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

簡単に説明すると、過払い金は返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

かつては貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、借りた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、債務の負担が減らせる可能性があります。

節度ある使い方をしている場合、大変役に立つクレジットカードでも、ショッピングに利用し過ぎて返済できなくなる可能性もあります。

こうした状態になったら、債務整理をすることで、元本の借金や利子を減額したり、返済が可能な範囲に収めて支払っていくことができます。

ですが、クレジットカードの利用が制限されるだけでなく、カードで購入済みの物の返済が済んでいなければ、引き上げられてしまうかもしれません。


どうしても返済が難しい時に大幅に債務が減額されたり、帳消しすらあり得る債務整理ですが、生活は楽になる一方で、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報の裁判所欄(破産、免責、再生関係)に名前や住所が掲載されてしまいます。

普段から官報に目を通している人はごく少数なので、気にすることもないといえばそうですが、官報は長期にわたって保管され、最近ではインターネットでも手軽に閲覧できてしまいます。

あとあと悔やまないためにも、実際に手続きするとなったらよく考えることが大事です。

月々の返済が苦しくなり自己破産や債務整理という言葉が頭をよぎったら、いまではスマホやパソコンを使えば債務整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に知ることができるのは有難いかぎりです。

けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから借金の状況が他人にばれるおそれがあります。

できればスマホを使ったほうが安全です。

債務整理の中でも任意整理や個人再生は「借金の減額」が目的であり、免責される自己破産とは訳が違い、減額後も残った借金を返済する必要があります。

その返済をおろそかにすると、再生計画取消しの申立が出されたり、和解破棄ということになって、遅延した期間に応じた延滞利息も含め、債務全額を一括返済するよう迫られることもあります。

たった一回の遅延でも起こり得ます。

和解というのは約束ですから、守ってこそ価値があるのですから、ムダにしないようにしましょう。


出資法に基づき、昔は利率が利息制限法をオーバーするような貸付がありふれていました。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現行は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、非合法となります。

つまり、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

どうにか借金を整理したいのに所持しているクレジットカードを無くしたくなければ、債務整理の方法のうち任意整理なら持ち続けられることもあります。

任意整理とは整理したい債権者とそうでない債権者を選べる制度なので、任意整理を行う債権者の中から残したいカード会社を除けばカードはそのままという訳です。

そうは言っても、信用情報には任意整理を行うことで事故記録が残りますので、それが原因でカード更新時に恐らく利用停止となるでしょう。

もはや支払いが不可能となった借金を債務整理によって整理することができますが、整理する事ができないものとして唯一各種税金が挙げられます。

破産法は自己破産についての規則ですが、そこにも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

納税義務は国民の三大義務でもありますから、自己破産をしたから免除というわけにはいきません。

けれども、訳を話して役所で場合によっては分納を考慮してもらえる事があります。

トップへ戻る