仙台 ヤミ金被害

仙台でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

仙台でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、仙台でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

仙台でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

仙台でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・仙台対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として仙台でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ仙台でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

仙台市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

仙台市を含めた宮城県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、刈田郡、柴田郡、伊具郡、亘理郡、宮城郡、黒川郡、加美郡、遠田郡、牡鹿郡、本吉郡

 

 

債務整理コラム

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、数百万の借金を抱えたことがあります。

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。

再就職もうまくいかず、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。

ややあって、無事に再就職しましたが、それまでの借金の返済が苦しく、最終的には債務整理を行いました。

今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。

借金が膨らみ、自己破産や個人再生をしたのであれば、その事実と氏名と住所が官報に公告されるでしょう。

この官報とは、国の広報誌で、もし自己破産をしたのであれば二度公告され、または、個人再生のケースでは債務整理中に三度、官報に掲載されます。

それぞれ、1ヶ月は掲載され続けるとはいえ、そもそも官報の存在は一般的に知られておらず、知り合いに閲覧される心配は、ほとんどありません。

もし任意整理を行ったのなら裁判所を通していないので、官報は関係ありません。

債務整理は借金地獄から抜け出す救済手段ですが、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

あくまで期限付きですが、JICCの場合は任意整理、自己破産、個人再生であれば約5年、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、別の方法で債務整理を行っている場合、情報が残ることはありません。

この期間中ですが、ローンやキャッシングが使えないでしょう。


信頼が第一の公務員の場合、債務整理をすれば仕事先に確実に連絡がいくと考えている人は意外と多いものです。

しかし普通はそういった心配は無用です。

債務整理でも自己破産以外では、手続き後も自分から話さなければ勤め先にばれることはありません。

しかし公務員ならではの共済組合などでも借り入れをしている時は、そこから上に知られることはあります。

これ以上ローンの返済が難しい状態になり、自己破産以外の形での債務整理を行う場合は、当たり前かもしれませんが賃貸物件に住み続け、実家等に戻らないつもりなら、家賃は考慮しておきましょう。

自己破産以外は借金は残っていますから、あわせて月々の固定支出となることは避けられないからです。

大事なことですから、債務整理を依頼する時点で窓口の人か、担当してくれる弁護士なり司法書士に伝えておきましょう。

どの債務整理にでも言えることですが、弁護士や司法書士の介入通知が送られた時点で、債務の取立て、FAXや電話などによる債権者からの連絡は厳しく制限されています。

とはいえ、任意整理の場合はこうした期間中に債権者が裁判所に訴えることも多いです。

債務整理の中でも唯一裁判所を通さないのが任意整理ですが、貸主が返還訴訟を起こすのは妥当なことですし、その権利は法律で守られているため、止めることはできません。

すべてとは言いませんが、消費者金融の中には任意整理の介入通知を送ると必ずといっていいほど訴訟提起してくる会社もあります。

意図は様々ですが、債務を抱えている方としてはたまりません。


返済義務を持つ全ての債務について免責が受けられるのが自己破産というものですが、自己破産を申請したにも関わらず免責がなされないことが起こり得ます。

それと言うのは、お金の使い方が良くなかった人の場合です。

例を挙げると、ギャンブルとか投資に溶かしていた場合や、やたらと身にそぐわない買い物を幾度となくしているようだと当てはまります。

免責がこうして承認されなければ、債務整理を異なる手段で行うしかなくなります。

親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、債権者から取立てが来たとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

ところが、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、一部か全部の返済を放棄した時は、債権者から未返済分の取立てが保証人に向かいます。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者に談判をして分割払いにできなくはありません。

どんな状況なのかによって、債務整理がいいか、複数の業者の債務を1社にまとめるおまとめローンの方がいいかは話が変わってきます。

将来利息のカットにより、最終的に支払わなければならない総額を減らすことができるのが前者のメリットですが、引き換えに信用情報に傷がついてそれが回復するまでは新しい借金をすることは不可能というデメリットがあります。

他方、後者は利息を下げた借り替えをすることができれば多少は支払い総額を減らせるでしょうが、債務整理には引けをとります。

ただ、確実に払っていくことができるならば信用情報は無事です。

トップへ戻る