高松 ヤミ金被害

高松でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

高松でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、高松でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

高松でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

高松でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・高松対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として高松でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ高松でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

高松市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

高松市を含めた香川県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市、小豆郡、木田郡、香川郡、綾歌郡、仲多度郡

 

 

債務整理コラム

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、売掛金が残っていると、それは資産として扱われることになるでしょう。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生で債務を整理した結果、5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。

とはいえ、もし売掛金として100万円がでてきたら、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、結果的に220万円の債務が残ることになります。

債務整理の依頼をする場合、司法書士ではなく弁護士にお願いすると良いでしょう。

司法書士の場合、1社からの債務額が140万円以上という大口の債務整理には担当できないという決まりがあります。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判では有利に働く可能性があります。

しつこい取り立てを受けている場合、弁護士に依頼すれば、依頼したその日のうちに、しつこい取り立てから解放されることも不可能ではありません。

できれば家族に秘密にしたまま任意整理して返済の負担を軽減するつもりでしたが、その時にはもう借金が増えすぎていて弁護士と相談して個人再生を行いました。

車の所有は許可が下りなかったものの、自宅を残すことができたのは助かりました。

借金の総額を大幅に減額できたうえ、家族に事実を伝えることができましたから、スッキリした気持ちです。


自己破産と違い、任意整理を行った場合は借金が残るので、返済していく必要があります。

債務整理はしたものの、債務あまり縮小できなかったりするパターンもあるようです。

ですから、任意整理を選ぶかどうかは今一度考える時間を持つべきです。

無償でこのような内容の相談に乗ってくれる弁護士や司法書士の事務所もありますから、連絡をとることから始めてみてはいかがでしょう。

現職の公務員が債務整理の手続きをすると、雇用者に知られるのは避けられないと信じている人は少なくないのですが、ある特殊な状況でなければ、知られることはありません。

自己破産は別として、その他の債務整理では自分自身から打ち明けたりしなければ同僚や上司などに知られることはないはずです。

しかし公務員だと、共済会などから借り入れをしている時は、少しタイミングがずれますが、そこから知られる可能性は大です。

自己破産や個人再生といった裁判所の判断が必要な減額、免責の手続きをする時は、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。

このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る仕事をすることになります。

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、裁判官や職員とのやりとりもすべて自分がするはめになります。

自己破産で特に管財案件である場合などは申立に弁護士を使わないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。


最近の弁護士事務所の中には、インターネットを介して債務整理の相談に応じるところも多くあります。

近場でちょうどいい事務所が見つからないと悲しみにくれる必要はなく、さておきネットを開いてみてメール相談という形で自分の状況を説明してみるというのがいいでしょう。

任意整理は直接出向かなくても電話と郵送で手続ができますので、ぜひともその足を踏み出してみてください。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息を免除して返済総額が決められ、月ごとの返済をしていく方法で、通常は借金の元金はそのままです。

一方の民事再生では返済計画を立てて裁判所に提出することとなり、それが認められれば元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

さて、住宅ローンの審査通過のためには債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が管理する事故情報から債務整理が行われた記録がなくなっている事が最低限求められます。

どの程度の期間かといえば債務整理をした方法によってそれぞれで、現時点で消えているかを自分で確認する事ができます。

所定の期間が終わっていれば、過去に債務整理をした人であってもローンで家を買うことができます。

トップへ戻る