鳥取 ヤミ金被害

鳥取でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

鳥取でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、鳥取でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

鳥取でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

鳥取でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・鳥取対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として鳥取でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ鳥取でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

鳥取市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

鳥取市を含めた鳥取県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

鳥取市、米子市、倉吉市、境港市、岩美郡、八頭郡、東伯郡、西伯郡、日野郡

 

 

債務整理コラム

債務整理を行う場合、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

まず、任意整理では、対象となる債権者を選択し、それぞれに同意を得ながら任意整理を進めていきます。

けれども、法的な強制力があるわけではないので、交渉を拒否する債権者が出る場合もあります。

個人再生では、任意整理の場合と異なり、複数の債務を一度に減額することになります。

ですが、半数以上の債権者の同意を得なければなりません。

人には話したくないこともあると思いますが、債務に関することは、弁護士にきちんと話しておきましょう。

信頼関係が損なわれるどころか、債務整理が失敗する可能性もあります。

本来であれば、自己破産は資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。

まだ財産があるのなら、そもそも債務整理の意味がありませんし、お金を貸していた業者も納得はしないでしょう。

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、きちんと伝えるようにしましょう。

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

簡単に説明すると、過払い金は高金利で貸された借金の返済分のことを意味します。

平成20年に法が変わる前は、多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。

そのため、債務者は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。

それを過払い金と呼んでいます。

これを返還してもらえば、借金の返済資金に使うことができます。


支払いが軽減できると言われて債務整理を依頼したのにも関わらず、最終的に支払いが増えて大損したなどという例もないわけではありません。

すべてがそうだとは言いませんが、詐欺的な商売をしている弁護士などにカモにされてしまった例です。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

こうした羽目にならないよう、最初から費用一切についてはきちんと確かめるべきです。

見積書を渋るところは要注意です。

掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

例えば自己破産のケースでいうと、保険は解約となり、返戻金を返済の一部に充当します。

また、個人再生に際しては保険契約を解約するまではいかないものの、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、返済額に影響することもありません。

弁護士なら債務整理は可能ですが、中には受け付けてもらえないケースがあります。

普段、債務整理以外の用件(企業法務など)を専門としている事務所や、もし自己破産で借金ができた経緯がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。

経験や専門を理由に断られた際は、逆に経験を積んだ弁護士や認定司法書士を探して依頼しましょう。

近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも探せますし、費用などの目安もわかります。


もしかすると、つい借金をする傾向があって、何回まで債務整理をすることができるのだろうと気になっている人もいるのではないでしょうか。

一般的には何度してもかまいません。

とは言え、以前に債務整理をしたことがある上でまたしても行うといった場合には、債務整理に選択する方法次第では承認が難関になることもあります。

債務整理があるからと簡単に考えるのはよくありません。

現時点では貸金業法によって、貸付は年収の三分の一までとするという総量規制が存在します。

ところが、総量規制が採用される以前に三分の一をオーバーする借入をしていた人もいるでしょう。

さらに、銀行からの借入は貸金業とは異なり総量規制に引っ掛からないことで、無意識のうちに借入額が年収を凌ぐまでに大きくなっている場合も珍しいことではありません。

そんな人は返済が極めて困難ですから、債務整理を考えた方がいいです。

事故情報が信用情報機関に登録されること、すなわちブラックリスト入りと、自己破産や個人再生の時は個人情報が官報に書かれることが債務整理をする上でのデメリットと言えます。

とは言え、事故情報は永遠に残るわけではありませんし、いつも官報をチェックしている人なんてごく一部です。

なお、誰かに保証人になってもらっている場合はその人にとって大きな迷惑となる恐れがあります。

トップへ戻る