富山 ヤミ金被害

富山でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

富山でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、富山でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

富山でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

富山でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・富山対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として富山でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ富山でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

富山市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

富山市を含めた富山県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、中新川郡舟橋村、中新川郡上市町、中新川郡立山町、下新川郡入善町、下新川郡朝日町

 

 

債務整理コラム

どのような内容であろうと、弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。

信頼関係が損なわれるどころか、債務整理が失敗する可能性もあります。

債務整理のために自己破産するのは、資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。

まだ返済の見込みがあるのなら、債務整理を行うわけにはいかないのはもちろん、債権者だって減額を許可しないのは確実です。

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、正直に伝えるようにしてください。

普通、債務整理というと、特定調停や任意整理、あるいは自己破産や個人再生などが含まれています。

一般的に、任意整理を行う人が多いのですが、その理由は債権者との話し合いが主体で裁判を起こす必要がないことや、解決が早いのが魅力です。

依頼を受けた司法書士などは、はじめに各債権者に対して受任通知を送るので、しつこい電話や郵便の取り立てから解放されます。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、裁判所が関与するため、官報にも掲載されるでしょう。

覚えておいてほしいのですが、きちんと債務整理を完了したとしても、その後しばらくは、金融機関の提供するサービスに申し込んだり、利用することに制限がかかります。

債務整理をするとブラックリストに名前が載ってしまいますから、最低でも5年経たなければ、クレジットカードで買い物をしたり、大手金融機関のキャッシングサービスやローンを使うといった行動はできなくなります。


債務整理を頼んだにもかかわらず、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。

簡単な手続きですが、うっかり見落としてよその弁護士事務所などに別途依頼すると、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それからあらためて新しいところと委託契約を結んでください。

堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたら職場に知られることは必至だと信じている人は少なくないのですが、知られるのは一部のケースだけです。

自己破産はダメですが、任意整理や個人再生なら、本人から話を持ち出さない限り、同僚や上司などに知られることはないはずです。

とはいえ、公務員共済組合のようなところからも融資を受けている場合は、そこから上に知られることはあります。

弁護士だけと思われることも多いのですが、債務整理というのは認定を受けた司法書士に依頼することもできます。

ただ、1債務あたりの金額が140万円以内の場合と規定されているため、減額交渉をしようという段階で金額の総計が遅延損害金を入れて140万円を超えていたら、認定司法書士では交渉を手がけることはできなくなります。

そもそも計算が出来ていれば回避できる問題ですし、どうしても司法書士に依頼するのであれば、事前に債務額をきちんと整理、把握しておく必要があります。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理依頼を受けるのに先立って担当者が自分自身で必ず債務者と面談を個別に行うこととして、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が掲げています。

先にメールや電話で相談しておく事もできなくはないですが、面と向かって面談することをせず請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務に反しているという事です。

万が一債務整理をした場合でももう借金ができないとは限りません。

ブラックリストから事故情報がなくなった後なら再び融資を受けることも不可能ではありません。

とは言え、任意整理を行っているただ中でまた借金をしようとするのは決してしないでください。

第一借りられるとは考えにくいですし、それを担当弁護士あるいは司法書士に知られた暁には、担当から退かれることもあるでしょう。

ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理はそのメリットは様々あります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずまっさらな状態から再スタート出来ます。

民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については失わずに済みます。

任意整理では月々の返済額が債権者との話し合いで決定され、それだけでなく借金の利率や借りていた期間次第では過払い金の返還請求が可能です。

トップへ戻る