横浜 ヤミ金被害

横浜でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

横浜でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、横浜でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

横浜でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

横浜でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・横浜対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として横浜でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ横浜でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

横浜市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

横浜市を含めた神奈川県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡、高座郡、中郡、足柄下郡、愛甲郡

 

 

債務整理コラム

ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば金融機関の各種ローンを利用できるケースがあります。

債務整理の中でも、支払いを続けるという姿勢を掲示できる任意整理は、国が発行する官報にも掲載されません。

もし、グレーゾーン金利での過剰な返済をしていたら、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

該当者はブラックリスト登録者として対応される可能性がありませんから、安心してください。

増えすぎた借金を債務整理で何とかしようとする前に、すべての借入をおまとめローンで一本化できないかどうか考えてみてください。

借金の額は減らないとはいえ、ひとつの大きな借金になるので、利息負担を軽くすることができるでしょう。

借入先がひとつになったことで、それぞれの支払期日に振り回されることもなくなるはずです。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で債務整理を行うのも間違いではありません。

債務整理をすると、増えすぎた利息の重荷からは解放されますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるというデメリットも存在します。

ここで心配になるのがアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかということでしょう。

実際に調べてみると、どうやら、賃貸契約不可という物件の数は、それほど多くありません。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、ブラックでも借りられるところはありますから、その点については心配ないでしょう。


どのような種類であれ債務整理をしたいと思ったら、初めに弁護士に着手金を払う必要があります。

すべてが終われば成功報酬も必要ですし、着手金や報酬以外の出費としては、管轄裁判所や債権者のところへ行く往復交通費、手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙税(印紙代)も考慮しておくべきです。

ただこれらは普通、実費請求ですし、心配であればあらかじめ聞いておくと見込みが立ちやすいでしょう。

自己破産や個人再生の手続きを行う際には全部の債権者を相手に含めますが、同じ債務整理でも任意整理を行う際には、債権者ごとに一件ずつ手続きしていくという違いがあります。

かならずしも債権者すべてを対象とせず、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

とはいえ交渉そのものは任意となっているので、先方に交渉内容を認めてもらえなければ、その債権者に対する債務は減額されません。

債務の返済が困難だから債務整理に踏み切ったのに、逆に支払いが増えたという例もないわけではありません。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に騙されたというケースです。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、依頼料や報酬として数十万円を求めてくる場合です。

泣き寝入りしないためにも、最初から費用一切についてはきちんと教えてもらい、金額表示が明朗なところに依頼すべきです。


自己破産は、それ以外の債務整理の方法とは違って一切の借金がなくなる強力な方法です。

しかし、申立をした人が誰でもできるとは言えず、裁判所から免責許可が出なければできません。

申立後、免責の可否が決まるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

無いのであれば大体3ヶ月で判断されるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、1年かかることもありえます。

数多ある弁護士事務所から、どこに債務整理を依頼するかという判断は困難です。

良い弁護士を選びたいなら、詰るところ債務整理を熟知していて、受任実績が豊富にある所に頼むのがベストでしょう。

大抵の法律事務所なら公式サイトがあるので、サイトを見てみて債務整理の経験を売り込んでいるか確認してみるといい判断材料になるでしょう。

任意整理によって債務整理を行うことにした場合、返済の際の延滞金や将来利息のカットが可能です。

しかしながら、元金のカットも要求するとなれば、かなり困難です。

担当の弁護士や司法書士の交渉力が優秀であればもしかしたら減額されることもありえるかもしれませんが、元金の減額を承諾してしまうと債権者に損失となることは自明なので、余程の事情がなければ了承されないでしょう。

トップへ戻る