横浜 ヤミ金被害

横浜でヤミ金被害の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

横浜でヤミ金被害を今すぐ解決したいならヤミ金に強い弁護士・司法書士に相談することが一番の近道です。

 

全国対応のヤミ金に強い弁護士・司法書士を紹介しますので、横浜でヤミ金被害の相談窓口を探している場合は無料相談を利用してみて下さい。

 

ここで注意して頂きたいのが、一般的な弁護士や司法書士ではヤミ金が絡んでいると断られるケースが多いということです。
せっかく時間を取ってヤミ金の相談をしたのに断られてしまったらそれまでの労力と時間がもったいないですし、何よりその間も取り立てに悩まされるかもしれません。

 

ですので、これ以上ヤミ金被害に悩まされない為にヤミ金に対応してくれる弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

 

横浜でヤミ金の被害を本気で解決して落ち着いた日々を取り戻しましょう。

 

横浜でヤミ金被害に対応してくれるヤミ金に強い弁護士・司法書士はこちら

 

ウイズユー司法書士事務所

ヤミ金被害

相談料無料・後払い可能・分割可能・横浜対応・24時間受付対応

 

ヤミ金に強い司法書士事務所として横浜でヤミ金被害に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐ横浜でヤミ金被害の解決をしたいという場合はこちらから無料相談を。

 

ヤミ金被害

 

ヤミ金被害_女性専用窓口

 

横浜市以外でもヤミ金被害の無料相談を受け付けている地域

横浜市を含めた神奈川県全域でヤミ金被害の無料相談を受け付けています。

 

横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡、高座郡、中郡、足柄下郡、愛甲郡

 

 

債務整理コラム

債務整理を行う場合、弁護士などにお金を払わなければなりませんが、その料金は依頼する弁護士事務所などによって違います。

もし、任意整理を依頼した場合、債権者1件ごとに基本料金があるうえ、成功報酬を支払う必要があります。

一般的に、基本料金は債権者や債務の金額に関係なく固定されている事務所がほとんどです。

なので、借金の減額がたいした金額でない相手にも手続きを取ってしまうと、弁護士などに支払う費用の方が高くなってしまう可能性があります。

どれくらい借金が増えれば債務整理をするかという点ですが、一概には言えません。

借金の総額が数十万円といった場合は、別の場所でお金を用意立ててもらって、それまでの債務を払い終えることもできるかもしれません。

とはいえ、多重債務者であることに変わりはありませんから、おそらく相当苦労しなければお金の工面ができないと思います。

小手先の方法で借金を重ねるよりも、返済が重荷になってきた段階で弁護士と話し合い、債務整理を行うべきなのか、客観的に判断してもらうようにしましょう。

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、債務の総額が300万になってしまいました。

なぜキャッシングを利用し始めたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまったためです。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

しばらくして今の会社で採用してもらえましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、最終的には債務整理を行いました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。


債務の額を減らすことが目的の任意整理や個人再生というのは、債務が免責となる自己破産とは異なり、減額後も残った借金を返済する必要があります。

ただ、返さなければ、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、当然ながら遅延利息を含めた全額の一括返済を求められるはずです。

和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要です。

個人再生や任意整理を行う際は安定収入があることといった条件がつきますが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。

生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、借金の返済のために使うなどということが知れた場合、即、支給を停止するという厳しい措置が待っています。

つまり生活保護を受けて暮らしている間に債務整理するとしたら、とれる手段は自己破産だけと考えて間違いありません。

隠すより、早く弁護士等に相談することをおすすめします。

ローンの返済が困難になり、任意整理か、さもなければ個人再生といった手段をとる場合、家賃が必要な借家(アパート、マンション含む)に住みながら返済するのであれば、家賃は考慮しておきましょう。

もし家賃の安いところへ転居したとしても、債務整理で残った借金と共に毎月出ていく出費としては大きい方ですから、計算し忘れたで済むものではありません。

ですから債務整理を依頼する際に窓口の人か、担当してくれる弁護士なり司法書士に伝えておきましょう。


現時点では貸金業法によって、貸付は年収の三分の一までとするという総量規制が存在します。

と言っても、総量規制が取り決められる以前に三分の一を上回る借金を抱えた人もいるはずです。

あとは、銀行からの借入は貸金業とは異なり総量規制に引っ掛からないことで、いつの間にやら年収以上にまで借金が膨れ上がっていることも多々あります。

そのような場合はとても辛い返済になりますので、債務整理を勘案するべきです。

大抵は個人単位で債務整理を行うので、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

ところが、実は例外もあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

それから、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると審査に通らないこともありえます。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを超える利率での貸付が珍しくありませんでした。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現代では利息制限法の上限を上回る金利は法に背いていることになります。

よって、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。

これを過払い金請求と言います。

トップへ戻る